PAGETOP

BLOG

HOME > BLOG > ETC.LIVE INFORMATION > [追記更新] MTV Unpluggedへの道 全17回まとめ #RHYMESTER

[追記更新] MTV Unpluggedへの道 全17回まとめ #RHYMESTER

2021年5月12日

パッケージ版がリリースされたので、残りの5曲も書き加えましたー
全17回、読み応え十分
音源聴いて、映像(副音声も)見て、さらに読んでもらうと
この作品の全てを知れると思います、時間かけて少しずつどうぞー

MTV Unpluggedへの道① ~暗号文を解読せよ #RHYMESTER http://www.kaztake.com/9734/
MTV Unpluggedへの道② ~生ピアノと向き合う #RHYMESTER http://www.kaztake.com/9763/
MTV Unpluggedへの道③ ~やってみてわかる重労働 #RHYMESTER http://www.kaztake.com/9786/
MTV Unpluggedへの道④ ~リズムを担う人達のお話 #RHYMESTER http://www.kaztake.com/9804/
MTV Unpluggedへの道⑤ 〜一緒に音楽を作ってみたい人〜 #RHYMESTER http://www.kaztake.com/9833/
MTV Unpluggedへの道⑥〜まだ1曲だけやけど 「Future is born」完全解説〜 #RHYMESTER http://www.kaztake.com/9851/
MTV Unpluggedの歩き方⑦〜OA楽曲 「B-BOYイズム」完全解説2〜 #RHYMESTER http://www.kaztake.com/9864/
MTV Unpluggedの歩き方⑧〜OA楽曲「午前零時 -Intro」〜「ONCE AGAIN」
そして「Back & Forth」
完全解説3〜 #RHYMESTER http://www.kaztake.com/9878/
MTV Unpluggedの歩き方⑨〜OA楽曲「梯子酒」完全解説4〜 #RHYMESTER http://www.kaztake.com/9893/
MTV Unpluggedの歩き方⑩〜OA楽曲「POP LIFE」と「It’s A New Day」完全解説5〜 #RHYMESTER http://www.kaztake.com/9900/
MTV Unpluggedの歩き方11〜OA楽曲「ザ・グレート・アマチュアリズム」と「the choice is yours」完全解説6〜 #RHYMESTER http://www.kaztake.com/9913/
MTV Unpluggedの歩き方12〜OA楽曲「カミング・スーン」完全解説7〜 #RHYMESTER http://www.kaztake.com/9927/
YOU TUBEでいうと 0’30″〜での、Dさんの笑顔。その意味とは?? MTV Unpluggedの歩き方13〜「ゆめのしま」 完全解説8〜 #RHYMESTER http://www.kaztake.com/10071/
「ザ・サウナ・ボサノヴァ」の全て MTV Unpluggedの歩き方14〜OA楽曲 #タケウチカズタケ 完全解説9〜 #RHYMESTER http://www.kaztake.com/10081/
不思議な非音楽と音楽のせめぎ合い MTV Unpluggedの歩き方15〜「耳ヲ貸スベキ」完全解説10〜 #RHYMESTER
http://www.kaztake.com/10090/
最も丁寧に演奏した「無音」MTV Unpluggedの歩き方16〜「グラキャビ」完全解説11〜 #RHYMESTER
http://www.kaztake.com/10110/
生演奏HIPHOPさが一番詰まってる曲 MTV Unpluggedの歩き方17〜「グレイゾーン」完全解説12〜 #RHYMESTER
http://www.kaztake.com/10119/

CCW_4709

カテゴリー: ETC., LIVE INFORMATION |

不思議な非音楽と音楽のせめぎ合い MTV Unpluggedの歩き方15〜OA楽曲 #タケウチカズタケ 完全解説10〜 #RHYMESTER

2021年5月6日

帰ってきた全曲完全解説シーズン2
残す所、後3曲となったんですが、本日リモート出演させて頂いたアトロク(ラジコのアーカイブはこちら)の最後の最後で、ウタさんが
「カズタケくんの(アンプラグドに関する)ブログの方も面白いので…」と言ってくれまして、
えー、見てくれたんやーと、驚きつつ嬉しかったですねー。
まあ、備忘録と言いますか、自分的にちゃんと記録しとこうって側面もあるので、
記憶が曖昧にならない内に、全曲解説、コンプリートしておこうと思いまっす!(書くモチベーション上がった、よし!)

もう一丁、オフショット動画を…無観客の客席の様子
座席全てに設置されてるLEDもよくわかると思います

さー、では今回は、言わずもがなのクラシック
「耳ヲ貸スベキ」の、
オレ的見所聴き所を完全解説致しましょうー

「完全解説、さあ行くよっ!」

①この曲の話題になると、Dさんの口から、

「これを作った頃は、サンプラーのファインピッチを弄ったらいけない、とか知らずに作ってて…」

という話がよく出てくるのだが、「ファインピッチって何???」という方が
ほぼ大半だと思うので、その説明をしておきますと、
レコードから、お気に入りの箇所をサンプリングしてきて曲を作る、という作業工程の中で
2種類、3種類、それ以上の違うレコードからサンプリングをしてきて、
それらをサンプラーの中で組み合わせる時に、
どーしても「テンポ」「ピッチ(音程)」を調整する必要が出てきます。(ごく稀に偶然ピッタリ合うなんて事もありますが)
そこで、例えば2種類のA、Bという、全く違うレコードからサンプリングしてきた素材があったとしたら、
Aの「テンポ」に合うように、
Bの素材を合わせるため、その再生スピードを調整する時に
「ピッチ(音程)をちょっとずつ低くすることで遅く再生する」ないし、その逆
をする事が出来るんですね。これが「ファインピッチを弄る」という作業なんです。
この作業は「テンポは合う」んですが、一方で「ピッチ(音程)が狂う」んですねー。
この狂い方というのが、ドレミファソラシド、では表現出来ないような音程になってしまう、というものなんですね。
HIPHOPという音楽の性質上、後ろの伴奏がドレミファとか、んなもんは関係なかったんですね。
ラップするのに、そんなのかんけーねー、って事です(ドレミファにも、ソラシドにも媚びないのがイカしてた、って事です)

この「耳カス(以下略称で書きます)」という曲は、メインのベースのループも、
フックで入ってくるフルートのフレーズも、いわゆるピアノのドレミファソラシド、に乗っかった音ではないです。
しかも、その2つの要素は、音楽的な話でいうと、説明難解な組み合わせになってます。
その事を、Dさんもウタさんもよく「楽理にかなわない」とか「非音楽的」みたいな風に仰ってます。

が、しかし!
大切はことは、そんなことじゃなくて
聴いてて、かっちょいいか?どうか?
って事なんですよね。

余談というか、ちょっと話それますが、
以前amebreakで受けたインタビューの中で、オレが「人間発電所」のトラックのカッコ良さ、
それを改めて生演奏するミュージシャンが、その音の何に対してリスペクトを払って演奏するのが
よりHIPHOPなのか?みたいな事を話した事があって、
学理に合わないからって、音楽的に説明のつく音に勝手に変えて演奏してしまう事への抵抗感があるんですね。
だって、そーゆー風に聴こえてて、カッコいいんだから、
勝手に説明のつくものに変えちゃったら、元の物のかっこよさが損なわれるんじゃないか、って。

こういうせめぎ合いは、Dさんとの間で結構ありましたねー
不思議だったのは、Dさんは
「音楽に寄せていってくれ」
と言って学理に乗せるような方向へ押してくる一方、オレは
「ここは元曲のまんまでやりたいです」
と言って、音源に忠実な方向へ、Dさんのいう所の非音楽的な方向へ持っていこうとする、せめぎ合いだったんですね。
んー、お互いに無いものねだり、というか、お互い逆の方向へと進みたがるという…
こういったやり取りを沢山出来た事が、結果今回のMTV Unpluggedのサウンドに行き着けたって事なんだと思いますね。

あれ…なんの話だっけ?…あ、耳カスだったな。

つまり結果、フルートとギターにお願いしたフレーズは、なるべく音源に近いニュアンスを
フルートのくりちゃんにお願いして再現してもらってます。
ここは聴きどころになってると思います。
IMG_5141
↑「しっかり聞いてくれや!頼むで」

②メインループとして入ってくるストリングス、
これは敢えて、2ndヴァイオリンのなっち、とヴィオラのともちゃんの2人で弾いてもらってます
スクリーンショット 2021-03-10 11.56.09スクリーンショット 2021-03-10 11.56.19

これは、元曲のストリングスがこのフレーズ以上のものは無い中で、
余計な、派手なアレンジを加える事なく、フックでは広がりを持たせる為には、どうする???と考えた結果、
ヴァースはシンプルに2人でプレイしてもらって、フックで初めて4人になる、というアレンジを施しました。
渋いアレンジですけど、すげー気に入ってますね。

③オリジナル音源のムードをなるべく保ちたい、という意味で重要だったのはドラム。
ドラムのこーちゃん(脇山広介)自身の持ってる、エイト(8ビート)を刻んでても、
うっすらとスウィンギーに聴こえる…この「うっすら」という塩梅が
大変重要でして、この曲のドラムには、なんとも独特なスウィング感があるんですね。
それを表現するのに、こーちゃんのグルーヴが見事にマッチしてるんですよ。
このことは、一度も話したことなかったですけど、JINさんがオフィシャルHPのロングインタビューの中で触れてくれてるんです!
これはホントにうれしかったなー(^^)…オレのことじゃ無いんですけどね。
けっちゃんは、この曲でも、こーちゃんとのコンビーネーションばっちりで
2人で1つのリズムグルーヴを作ってくれてます
IMG_5144IMG_5143

④ここからが、原曲になかった要素の話なんですが、
要するに、原曲にはコード感を示す音が入ってないんですね。今回の編成で言うと、ピアノとギターの役割ですね。
ベースラインから、ある程度の響きは想像出来るんですが、
その中でどのコードを今回採用するのか?ってのは、オレのチョイスなので、丁寧にやりました。
あと、ピアノはフックにグルーヴを強化する為にだけ出てくるという、必要最小限のプレイに徹してます。
そんな中で聴き所は
3’06″と4’00″にぶち込んだ超男気満タンのピアノ・グリッサンド
楽譜に出来ないくらい、沢山の音を同時に鳴らしてます(^^)
このグリッサンドと、ザ・グレート・アマチュアリズムの2’58″地点にぶち込んだグリッサンドは、
自分でも「よくもまあ、高尚なMTV Unpluggedのステージでこんな音出したな」ってくらい楽理に合わないプレイやったと思います、はい(^^)

⑤もう1つ、ギターも元曲には入ってない要素だったんですが、
自分が今回つけたコード感を聴いてると、哀愁漂うアコギの入るイメージがしたんですね。
そこで思い浮かんだのがこの曲↓

そこでアレンジのデモを作ってる時点で、キーボードでアコギのフレーズを
こんなイメージで、修正無しでツルッと1回弾いたものを入れてみたんですが、
なんとギターのナッポが、本番でもその感じを割とそのまま再現するように弾いてくれてました。
要所要所で呼び込んでくる、哀愁たっぷりなギターは、曲のムードにハマったんじゃないかなあ、と思ってます、いえい
IMG_5142
↑サンキュー、ナッポ!

んー、回を重ねるごとに説明のマニアックさと熱量が増していくこのブログ。
なんかわかんない事とか、もっと聴きたいことある方はメールでもどうぞ。
まあ、そのうちclubhouseでそんな感じのやつもやろうかなあ、と。
と言うわけで今回はここまで、残りは2曲…まったねー
IMG_5118
「完全解説、感想待ってるよー」

カテゴリー: ETC. |

「ザ・サウナ・ボサノヴァ」の全て MTV Unpluggedの歩き方14〜OA楽曲 #タケウチカズタケ 完全解説9〜 #RHYMESTER

2021年5月2日

帰ってきた全曲完全解説シーズン2
残すところ、あと4曲…まだ4曲もあるのか?もう4曲しかないのか?
過去の解説はブログをディグしてみてくださいな。

IMG_5140
↑本番直前かな?盗撮のようになってしまった未公開の1枚…怒られたらすぐ削除しまっす

それでは今回は、いよいよ問題作の解説にしましょうか
「ザ・サウナ」(ボサノバ・ヴァージョン)
ウタさんが大絶賛の上、各所インタビューでもイチオシ、アトロクでも何よりも真っ先にオンエアーしてくれた、という
お気に入り具合…さあ、ではいってみましょ


「完全解説、はじまるよっ!」

〜オレ的見所聴き所〜
①まずこの曲について話すと、遡ること3年…2018年の夏になります。
初めてRHYMESTERの皆さんから「一緒にライブ演奏」のオファーをもらったのが、その頃でして
ニューアコースティックキャンプ、というフェスとレッドブル・音楽イベントで、
ターンテーブルや(なるべく)電気を使った楽器を封じた上での演奏を出来るバンドをまとめてほしい、って内容でした。
その時にも、数々の曲をアコースティックなアレンジで考えた(この時考えたけど、未披露楽曲もあるのだ)んですが、
候補曲を考えてたリハーサルの中で冗談のように

「ザ・サウナ、なんて曲もあるよな」

みたいな話が出てきて、確かDさんが

「ボサノバみたいに演奏したらいいんじゃないの(笑)」

みたいに言ったのをきっかけに、その場で即興で曲を作って演奏してみたんですね。
それはその場でゲラゲラ大笑いして帰っただけで終わったん…ですが
オレはその録音を家で聴きながら、本気でアレンジ
(ブラジル音楽感、サヴタージ感を醸すコードをサビにつけたり、変則的な転調を使ったりね)を施し、
この曲に足らなかった、サウナ、いやサウニング(オレはサウナを楽しむ行為、その全てを称してこう呼んでいる)の4大エレメンツの1つ、
「水風呂」の要素を注入せねば!と思って、
1人コーラスを重ねまくって上に、「(水風呂に飛び込む様に)ザッパ〜〜〜ン」という声を随所に入れたアレンジのデモを作ったのでした。

それがほぼ完成した頃に、メンバーの皆さんには全く前触れ無しで
「実はこんなザ・サウナのアレンジ考えてデモ作りましたー」と送ってみたんですね。
すると、まもなくDさんから
「ここのコードとか、もっとこういう感じにした方がいい」とか、
「ちゃんと作るのに、アカペラ用意してあげるよ」と、まさかの返答がっ!!!
そこから、何ターンかのやり取りが進んで、まあまあな所までデモが仕上がった所で

「まあ、これはいつかお客さんがコアファンでいっぱいな時に披露できたらいいよね…」

という言葉を残して、いつしか会話からは消えていってしまいました。
でもね、この時オレは本気で「このザ・サウナを演奏したいんです!」というのを推してたんじゃなくて、
本気で面白がって作ってただけなんですね。ポロッと出たアイデアの切れっ端を本気で形にしてみたかった、と。

…という出来事から約2年経った2020年秋、アンプラグドの楽曲選びミーティングの第2回。
ホワイトボードに大きく書き出されていく楽曲候補達。
ほぼほぼセットリストの骨組みが見えてきた、その時、ふとウタさんが言い出した

「あのカズタケが作ってたザ・サウナは?」

えええ!

まさかの提案で、オレ自身が予期してない流れに驚いてると、Dさんがパソコンを触りつつ、

「あ、そのデモあるよ」

ってその場でみんな聴くことに…ひやー
まさかの採用、という…

いやあ、ホント人生って何があるのか、わからないもんですねえ(^^)
晴れて世に出せるとなって、改めてストリングスアレンジで、
汗の雫を表現したピチカートフレーズや、
サウナの後、水風呂や外気浴で得られる清涼感をこめたチェロやフルートの優雅なフレーズを加えた、
完全体の「ザ・サウナ・ボサノヴァ・ヴァージョン」が作られたのでありました、めでたしめでたし…(^^)
スクリーンショット 2021-05-02 11.56.50

②先程、説明したオレの作ったデモの「ザ・サウナ」のエンディング付近には1人コーラスで
「サバダバ サバダバ ザッパ〜〜〜ン」というのを入れてたんですが、
それを聞いた上で、本番のアンプラグドではウタさんが

オレ+けっちゃん+Dさん コーラス「サバダバ サバダバ」
ウタさん「ザ・サウナ〜〜〜」

と、歌ってくれてます(^^)
あと、ど最後のDさんの「ざっぱ〜〜〜〜ん」となって、水風呂エレメンツが生かされてます。
光栄極まりないです、ホント


↑オフショット、カメラマンさんとの撮影対決!

③この曲の中での、ギターナッポの醸し出すオシャレ感(特に2ヴァース目入った所!)は
サウナでの辛さばかりをフィーチャーしたリリックと対比的に、爽やかさを強調してて最高です

④同じ役割で、フルートのくりちゃんの繰り出す、しれっとした清涼感溢れるフレーズも素敵。
オレも負けじとピアノで清涼感を後押ししてて、旭くんのグルーヴの上で楽しんで演奏。
バンドのみんなが総がかりで、ライムスお三方の、ねっとりとした暑苦しさを打ち消そうとしている…んーバンドだな。

⑤けっちゃんのパーカッションだけならず、コーラスによって、清涼感に包まれる…不可欠!

んー、どこから、どう聴いてもアンバランスが生み出す、絶妙バランス、
サウナの持つ二面性を見事に表現した快作!(はい、自画自賛w)
曲の最後のコードとコーラスに込められた、サウニングを終えた時の、あの開放感(ホンマか?後付けか?)
全てのサウナ愛好家達に送る作品です(是非ともタナカカツキさんにも届いて欲しい!)

…というわけで、今回の解説はここまでー
残す所、後3曲。お楽しみにねー

IMG_5118
「完全解説、まったねー」

カテゴリー: ETC. |

YOU TUBEでいうと 0’30″〜での、Dさんの笑顔。その意味とは?? MTV Unpluggedの歩き方13〜OA楽曲 #タケウチカズタケ 完全解説8〜 #RHYMESTER

2021年4月28日

帰ってまいりました、完全解説シーズン2
いよいよパッケージ版がリリースになりまして、まだ解説してなかった残り5曲について
(オレがうっかり忘れてなければ)余すとこなく、書いていこうと思っております

今回は、本日YOU TUBE公開されたこちらの曲にしましょうか
本編ラストの曲として演奏した「ゆめのしま」です
まずは何よりみてもらいましょ↓

んー、見応えある演奏やないかい!(自画自賛w)
と思いますが見所を解説しますんで
それを読んでもらって、確認で何度も見返してもらうと楽しいと思いますよー
では、いってみましょう

〜オレ的見所聴き所〜

その①:曲が始まってすぐ、YOU TUBEでいうと 0’30″〜での、Dさんの笑顔の意味とは??

まずは何と言っても、このテンポ。副音声でも話してますし、
ウタさんもDさんも各所のインタビューで話してる話ですが、
最終のリハーサルの時に演奏した録音を聴いてDさんと話してた時には

Dさん「ちょっとテンポ速いのかも」
って話がチラッと出たんで、
オレ「あ、(ドラムの)こーちゃんに話しときましょうか?」
Dさん「あ、いや、オレから(こーちゃんには)話すからいいや」

そんなやりとりがあったんで、本番当日の楽屋でこーちゃんに会った時に
実は思わず話してしまって、

オレ「あ、こーちゃん。ゆめのしまのテンポのことやねんけど、ちょっと確認しておいてもらえる?」
こーちゃん「オレも(チェックして気付いてて)気になってた所でした」
オレ「流石!言わずもがなやったかー」
IMG_5144

という感じで、本番前の通しリハに臨んだんですが、終わった所ですかさずDさんから

Dさん「こーちゃん、テンポ上げよう。もっとヒリヒリする感じに演奏したいから」

みたいな話が出て(この辺りの詳しい感じは、Dさん御本人が話されたのが収録された副音声を是非聴いてみて!)
結果、収録本番で誰もが未踏のテンポの中で演奏する、という
「”高速”ゆめのしま」が誕生した、のであります。
見所は、曲が始まってすぐ、YOU TUBEでいうと 0’30″〜での、Dさんの笑顔。
その先には、ドラムのこーちゃんがいて、「そうそう!これこれ」みたいなメッセージを出してる。
ここです、見所!

その②:指の皮むけるわ、おい

高速でこの曲を弾く上で、最も大変だった1人がベースのアキラくん。
ウッドベースで弾く速さとしても恐ろしく大変な上に、
この曲のキーがまた大変なキーでして、いわゆる開放弦でプレイする瞬間がほぼないという、
右手も左手も地獄のような楽曲だったんですねー
そんな中でも、スキあらばおかずなフレーズをぶち込んでくる漢。
2’44″~のラストのサビの演奏は圧巻です、必聴ポイント!
IMG_5145

その③:その音にテンション上げられる!

高速演奏になった中で、大変だった人、パーカッションのけっちゃん。
こういう16分のノリ(常にチキチキチキチキ、刻むビートが基本の曲って意味ね)を演奏で出す重要なファクターを
パーカッションが握ってることが多いんですが、この曲も例外なく、まさにそれでして、
聴きどころは、2’03″〜の、ウタさんヴァースの折り返しした所から、
的確に16分で刻み込んでるトライアングルのような音、(楽器の名前は…忘れた!けど映像に映ってる赤いヤツ)
ここ!よくもまあこのテンポで的確にはめてるなー、とそのスキルに感心せざるを得ない、かっこいいっす
IMG_5143

その④:そんなノリの中、何故、優雅に聴こえるの?そのカギは???

そんなみんなが競うように、16分のノリを出す為の細かいプレイをしてるのに、
全体を聞いてると、どこか優雅にも聞こえるムード…それを担ってるのがフルートのくりちゃん。
1’54″、の所で聞こえてくる、このフレーズ。随所になってるんですが、これキモ。
オリジナルのトラックは、サンプリングをフィルタリングして作られてるので、
元が何の音か?はわかりませんが、それをフルートでプレイしてもらうことで、
柔らかさと1人宇宙遊泳してるような優雅さ、が醸されてて、くりちゃんのヒゲと共に気品が漂っているのであります
IMG_5141
(↑くれぐれも言いますが、決して機嫌が悪かったわけではないですから、この時のくりちゃん)

その⑤:サンプリングをフィルタリングされたトラックの生楽器演奏変換術

「サンプリングをフィルタリングされたトラック」って何じゃい!って言われそうですけど、
これはもう、オリジナルの「ゆめのしま」を聞いてみてください!
ようは、それを聞いてオレが生楽器演奏変換(アレンジ)をしたんですが、
これは、ストリングス、ピアノ、ギターの出入り、その組み合わせを駆使して表現してるんですね。
A Hundred Birdsを24年やってきて、トライ&エラーで得てきた経験と感覚なんで、
何とも言葉で全て説明できないですけど、アレンジするにあたって、
やりがいがあるというか、ノウハウ総動員でやれて楽しかったですね。
とはいえ、それを実現するには、素晴らしいプレイヤーの皆さんがいなかったら出来なかった話。
サンキュー!ナッポ、ともちゃんカルテット!
IMG_5142IMG_5146

えー、こんな調子で書いてたら、いつまでもおわんないんで
今回はここまでー
じゃあ、また次をお楽しみに〜

IMG_5120
読まないやつから、順番に死刑だ、ごらぁ

カテゴリー: ETC. |

アトロクで問題作「ザ・サウナ(MTV Unplugged)」がオンエアー

2021年4月27日

リリース直前になって、アトロクの方でいよいよ3年越しに問題作「ザ・サウナ」が
世に放たれました!是非聴いてみて下さい、近く曲解説ブログ書きますね

スクリーンショット 2021-04-27 8.33.25

https://radiko.jp/#!/ts/TBS/20210426180000

カテゴリー: ETC. |

RHYMESTER – POP LIFE (Live on MTV Unplugged: RHYMESTER)

2021年4月23日

BD/DVD/CDリリースまでもう少し。

歳を経てさらに染み入る曲、
それを一緒に演奏出来た事はこの先の人生でもっと意味を持つんだと思う、ホントにありがとうございます

カテゴリー: ETC. |

公開された関連MVを紹介しておきますわ

2021年4月16日

4/28にリリースになるRHYMESTER MTV UnpluggedからFuture Is Bornが公開されましたー
TVオンエアーの時と違った映像編集、音声編集(マスタリング)がなされてますよ。
オレの“恭平柴田”直後のDさんの笑顔が相当フィーチャーされてますね。
早くフル尺で見たいぜー

こちら、オレがリミックスを作った「Movin’ on again」の原曲
「Movin’ on feat.岩崎慧」のofficial MVが公開されましたね。
オリジナルのリリースは去年?かな…何故今公開なのか??
まあそれはともかく、なんだかオシャレが溢れかえってる作品なので是非見てみて下さい。

これを踏まえてまたリミックスの「Movin’ on again」を聴いてもらうと面白いと思いますよ。
でははー

カテゴリー: ETC., MOVIES |

#KENTHE390 ビルボードライブを振り返る

2021年4月15日

C92B9E18-17C6-4BAD-8365-43032680801E

KEN THE 390 15周年記念のライブがビルボードライブ横浜で無事開催されました。
本来2月に開催するはずで準備を進めてたんですが、緊急事態宣言を受けての延期、
また状況が怪しくなってき始める中でしたが、多くのスタッフや関係者の尽力の結果開催に至りました
(でも21時までに終わらなければならないというミッションの中でしたが…)

ニューアルバム「enroute」楽曲を全て、全客演者を迎えての生演奏という、総勢何人?…という
このご時世では、またなかなか難しい事をしようとしてましたが、それを見事実現。
多くの人数でただ集まるのだけでも難しいのに、そのメンバーというのが、またなんともミラクルなメンバー。
ライブ中のMCでも本人が話してましたが、
「今、この時点でこのメンバーを一気に集めて1つのライブが出来る事が自分らしい、自分にしか出来ない音楽」

162D8A34-05C6-4503-B3CA-5974F4F19F12

全員でこの写真を撮るのにステージに集まった時に、
般若さんと漢さんがお互い、ニヤッとしながら挨拶するのを目の前で見て、こちらがニヤリとしてしまった。
こんな物凄い個性と技術を持ったプレイヤーが集まるライブの演奏をできたのは
めちゃくちゃ楽しかったし、また1つ忘れ難いいい経験になったなあと思います。

どの曲も思い出深いシーンになったけど、
turn upのSKY-HIヴァースは生演奏で聴いて、ホントにびっくりした。アレはホントにかっこいい。えぐかった。
個人的には、What’s generationは出た当時に、勝手にリミックスを作ってたのもあって、
リリックを結構覚えてたので、演奏中に結構かぶせも出来たのが気持ちよかったなあ、と。鍵盤弾く仕事なのに。

後は、やはり般若さん、Rくんの揃ったOverall。これは圧巻やった。
演奏中も、演奏前も声あげまくってたんで、1st setの演奏中に声が飛んでしまった。鍵盤弾く仕事なのに。
1stの演奏が終わって、ステージ裏で般若氏に

オレ「Overall、結構声あげて盛り上げてたんですよ」
般若「しっかり聞こえてましたよ」

みたいなやりとりもあり。
Rくんは、RHYMESTER MTV Unpluggedや、ニコ生飲みーティング、を少し見てくれてたみたいで
そんな話を少々…他の出演者さんも少しずつですが、わいわいと話出来たし、いい雰囲気でしたね。
HIPHOPのイベントの現場には珍しい(?)ヒリヒリしてない感じでしたねえ、これもケンくんの人柄なのかな。

んで、演奏者チームは我がUNDER THE WILLOW niteチームだったので終始穏やかにぺちゃくちゃ…
IMG_5511

ケンくんの現場的には去年11月からのメンバー、その間にライムス現場を挟みつつ、
ナッポが合流しての、今回。いい感じで出来ましたね。
PAチームもライムスチームという事で、コミュニケーションもばっちりでいいショーが出来ましたね
(写真無いけど、カクさん、神田さん、杉山くんの鉄壁チーム、安心でした、あざっす!)

なんにしても、ケンくんがこうやってライブ開催を進めてくれたからこそ、
15周年、まだまだ途中って事で、またやりましょ。これを超えていくようなのを。

アーカイブ視聴は4/20まで見れます。是非、見逃し厳禁で!
コチラより視聴チケット購入出来ます

カテゴリー: ETC. |

Snow Monkey Beer LiveアナログにSnowy magic収録されてる件

2021年3月29日

IMG_5464
もう7年??も前になるのか…snowy magic
この曲、何気にすげーすき。
「オレも参加したいー」といって、思いっきりコーラスと歌ですっと割り込んでみたんですけど、自分で言うのもなんですけど歌詞が上手く書けたと密かに思ってる^_^
コロナのせいで開催出来ず、
自分的にもここ数年はご無沙汰してますが、snow monkey beer live
雪に囲まれた山奥で、ひたすらクラフトビールと音楽に浸りまくる数日間。
また呼んで頂きたいなー
このメンバーでまた「Snowy magic」演奏したいね
アナログ盤ありがとーございます!..(どういうレコードか?ってのはこちらからどうぞ
ご購入の方はこちらからどうぞ

Snow and beer, here’s wonderland!
Homies, good music
That’s all we need
Drink all night long
We’ve come again
So precious time
Homies, good music
That’s all we need
Yes! Drink all night long!

曲のブリッジみたいな部分を作曲するのがすげー好きで、
F – G – Amと進行してるこの曲に突然
|Ab | C/G| D7| Fm6 – F/G -|
という切り込みでメロとコーラスをブチ込んだのは
今聞いてもなかなかフレッシュで気に入ってる、うんうん。(誰も褒めてくれないから自分で褒めるスタイル)

後、BASI @BASIC_MUSIC_ くんのヴァース

裸の付き合いカズタケくん
オレら来年もこうして集まれる?

ってのは事実で、この曲を作る前年のsnow monkey beer live最終日の明け方に大浴場でたまたま2人っきりで出くわして、あれこれ話したのが見事に韻踏まれてるという…最高

#MCGEBO
#DJNAOK
#韻シスト
#タケウチカズタケ
#afra
#DJFencer
IMG_5466

カテゴリー: ETC. |

宇多さんのアツいMTV Unpluggedの解説満載のオープニングトーク #utamaru

2021年3月26日

スクリーンショット 2021-03-26 21.38.36

※radikoでアーカイブが来週4/2まで聴けるはず(ここをクリック)

宇多さんのアツいMTV Unpluggedの解説満載のオープニングトーク
+リリース向けになったFuture is born (MTV Unplugged ver)も聴けます
よりクリアになったオレの恭平柴田にも注目です
いづれ、渾身のザ・サウナ(ボッサ)もオンエアーになるのか??
#utamaru
#rhymester

カテゴリー: ETC. |